えとう動物病院のきまぐれ日記

<   2013年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

Tomorrow??

駐車場の芝生のはみ出しがはんぱないので
雨の降っていないときを見計らって、お手入れすることにしました
ただはみ出しているのかと思ったら、アスファルトに根を生やしている始末(@_@;)

d0165410_162465.jpg

こんなかんじの根っこが、アスファルトの隙間に入り込んでるんです。
びっくりしました☆
まさに、♪♪涙の数だけ強くなれるよーアスファルトに咲く花のようにー♪♪ Tomorrow/岡本真夜
状態です(^_^;)

そんなかんじで格闘していたら、腕がとてもかゆくなってしまいました(T_T)
お散歩にいくワンちゃんの中には草むらに入ると体がかゆくなってしまう子を見かけます。
その気持ちが少し分かりました・・・

かゆがりといえば、蒸れやすい時期なので、
皮膚の弱い動物は気をつけてみてあげるようにしましょうね。
また、ノミマダニも増えてきています。
お散歩などでお外に出かけるワンちゃん、ねこちゃんはぜひぜひ予防してあげてくださいね☆

ねこ先生016.gif
[PR]
by etoah | 2013-06-25 21:00 | スタッフのつぶやき

狂犬病の予防注射

最近蒸し暑くなってきましたね・・・
体調を崩しがちな季節なので、気をつけてくださいね。

この間、仕事から帰ってきたらキッチンがえらいことに・・・
d0165410_13464416.jpg

さばの切り身のパックと、料理につかったアルミホイルが無残なことに・・・
ゴミ箱を1mほどひっぱりながら、中身を出して食いちぎった模様です。
せっかくフタ付きのゴミ箱にしたのに(=_=;)
幸いおなかはこわさなかったのでよかったですが
ダイキチの反省のハの字もないこの顔・・・

そうこうしているうちに、6月も終わりにさしかかりました。
市の指定している、狂犬病予防月間も今月で終わりです。
狂犬病予防注射は、万が一日本に狂犬病が入ってきたときに
感染すると致死率がほぼ100%なので
人への感染を防ぐための注射でもあります。
(なので、狂犬病予防法で指定されてるんですね)

いつでも接種はできるのですが
まだ今年度の接種を受けていない方、ぜひこの機会におこしくださいね♪♪

ねこ先生016.gif
[PR]
by etoah | 2013-06-14 21:00 | スタッフのつぶやき

フィラリア予防注射が変わりました!!

d0165410_14224967.jpg


この間のサッカーW杯最終予選、ハラハラドキドキでした。
ウチの猫たちも応援してもらおうと、特製サムライバンダナをつけてましたが、
興味ゼロでした・・・(というより、迷惑そう)

さて本題です。

フィラリア予防を注射でされていた方にお知らせがあります!
フィラリア予防注射の種類が変わります☆

どう変わるのかと言うと
今まで1回の注射で6ヶ月効果があったんですが、
新しい注射は1回の注射で12ヶ月効果が続くようになりました
使っているお薬の種類(モキシデクチン)は今までの注射、飲み薬と変わりはありません。
また、1回の注射の液量は変わらないです。
しかし、注射液の濃度は上がるため、1回に体の中に入る薬剤の量は増えることになります。

副作用に関しては、アメリカでは10年ほど使用されている注射なので
安全性は確認されているそうです。
しかし、注射のタイプはアレルギー反応がでることがあります。
その点に関しては、今までの注射と同様に、注射後の安静、経過観察はお願いします。

そして、注射のお値段に変更があります。

今まで1年に2回注射をうって通年予防されていた方
年間の予防費用に変わりはありません。
1回の注射で1年分の価格となります。

今まで1年に1回、半年の予防をされていた方
予防期間は2倍に増える反面、年間の予防価格は1.5倍程度になります。
半年の注射の取り扱いがなくなるため
期間を調整して予防されることをご希望の方には
1ヶ月に1回1錠を飲ませる飲み薬のタイプをおすすめしております。

みなさまにはご迷惑をおかけいたしますが、ご理解いただけると幸いです。
ご不明な点、ご心配な点に関しては、お気軽におたずねください♪♪

ねこ先生016.gif
[PR]
by etoah | 2013-06-09 21:00 | スタッフのつぶやき

熱中症に気をつけましょう。

梅雨になりました。
毎日じとじと、むしむしする季節です。
洗濯物が乾かなくて困ります・・・(=_=;)

ワンちゃん達にとって、高温多湿は過ごしにくい環境です。
汗がかけず、体温調節が難しいため熱中症には十分気をつけるようにしましょう。

【熱中症から守る5つの習慣】
①室温を上げない
  →風通しのよいところで過ごさせてあげましょう
②こまめに水分補給
  →お散歩中も水筒持参で。お家ではいくつか水を飲める場所を作りましょう 
③車内でお留守番させない
  →少し窓を開けておく程度では防げません。「ほんの5分」が命取りになります
④お散歩は涼しい時間に
  →曇りの日でも要注意☆夕方もアスファルトは熱いことがあるので、確認して出かけましょう。
⑤太らせない
  →熱がこもりやすく、気道が狭くなるため熱中症に陥りやすくなります。

熱中症は体全体が熱によってダメージを受けます。
意識の問題から、嘔吐下痢など様々な症状が出てきます。
「熱中症かもしれない」そんなときはすみやかに動物病院までお知らせください。

おうちでできる応急処置としては
体温が高い(40℃以上)時は涼しい場所で体温を下げてあげましょう(39℃台まで)
ただ、アイスノンを直接当てると血管が収縮してうまく体温が逃げないことがあります。
ぬらしたタオルをかけたり、水をかけて、扇風機などで風をあててあげると効率がよいです。

快適に夏を過ごすためにいまいちど気をつけていきましょうね☆ミ

ねこ先生016.gif
[PR]
by etoah | 2013-06-01 21:00 | スタッフのつぶやき



えとう動物病院のスタッフによる気まぐれ日記
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新の記事
休診日
at 2017-09-19 15:44
獣医師の不在日のお知らせ (..
at 2017-09-19 15:41
9月の獣医師の不在日について..
at 2017-09-01 09:12
休診のお知らせ
at 2017-08-23 15:23
お盆休みと8月の獣医師の不在..
at 2017-07-22 14:32
カテゴリ
以前の記事
home
最新のトラックバック
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ライフログ
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧