えとう動物病院のきまぐれ日記

慢性腎臓病について 最終回

あっというまに2月です。みなさん風邪などひいていませんか??

さて先月から、慢性腎臓病についてお話しています。
前回までに、症状や、検査についてお伝えしましたが、今日は最終回、治療についてです。
これまでの記事→慢性腎臓病について その1
            慢性腎臓病について その2

慢性腎臓病は進行性の病気で、壊れてしまった腎臓を元に戻すことはできません。
正常に働いているネフロンを、少しでも長い期間維持し、進行を遅らせることが治療の目的となります。
進行を遅らせることで、動物のQOL(クオリティオブライフ、生活の質)を落とさないことが一番の目標です。

では、具体的に慢性腎臓病の治療は何をしたらいいのでしょうか?

その1:環境の見直し
新鮮なお水がいつでも飲めるように、おしっこを我慢することなく行けるように、今一度環境を見直してもらいます。

その2:お薬を使う
初期の腎不全では、腎臓の血流を維持し、負担を軽くするために、血液検査上でBUNが高くなっているときは、毒素を吸着してくれるお薬を処方することがあります。

その3:点滴
腎臓病では脱水症状が出やすくなるため、点滴で水分を補う必要が出てきます。
症状に応じて、皮下点滴(通院)、静脈点滴(入院)を使用します。

その4:食餌療法
腎臓に負担をかけないように、リンやたんぱく質、塩分を調整したごはん(療法食)を使います。
ごはんを療法食にしていくと、腎臓病の平均生存期間が、約3倍に伸びたという報告もあります。

d0165410_18492922.jpg

写真は、最近ロイヤルカナンで新発売した腎臓用のごはんです。
今までのよりも嗜好性を高めているそうです。
腎臓病の動物は、食欲が落ちるので、各社が色々なフードを出しています。
サンプルもあるので、気になる方はご相談ください☆

ねこ先生016.gif
[PR]
by etoah | 2015-02-06 21:00 | 診療日誌
<< バレンタイン あ?って顔 >>



えとう動物病院のスタッフによる気まぐれ日記
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新の記事
獣医師不在のお知らせ
at 2018-02-14 19:37
年末年始 休診日のお知らせ
at 2017-11-24 19:22
お知らせ
at 2017-10-29 15:04
休診日
at 2017-09-19 15:44
獣医師の不在日のお知らせ (..
at 2017-09-19 15:41
カテゴリ
以前の記事
home
最新のトラックバック
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ライフログ
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧