えとう動物病院のきまぐれ日記

お薬を飲ませること 錠剤編

今回は錠剤の飲ませ方について書いてみようと思います。
お薬は飲んでくれないことが多く、苦労されてる方も多いと思います。

錠剤のお薬は、お薬自体がかたまりになっているので、
1回で飲みこんでくれると必要な量が確実に入ってくれます。
ただし、うまく飲み込んでくれないと、
飲んだふりをしてどこかで吐きだしていることも・・・
またお口を開けてくれない動物には難しいかもしれません。

d0165410_15535394.jpg

拙い絵で申し訳ないのですが、お口の開け方について簡単に(^^;)
ネコちゃんはこめかみのところをつかむと安定しやすいです。
少し上向きにして、前歯のところを押し開きます。
(前歯のところは咬まれてもあまり痛くないです)
手が出たり、逃げようとしてしまう場合は、
大きめの布でくるんであげたり、
抱っこして行うとやりやすいかもしれません。


d0165410_15535815.jpg
ワンちゃんの場合は、犬歯(キバみたいな歯)の後ろあたりをはさむと持ちやすいです。
お口の開け方はネコちゃんと同様です。

指やピンセットで舌の付け根、喉の奥に薬がおけると上手に飲んでくれます。
うまく飲み込めたことを、喉の動きや舌をペロッと出すことで確認できると思います。
お薬が食道にひっかかることがあるので、
投薬後に食事を与えるか、少量のお水を飲ませてあげてください。
飲めたらしっかりほめたり、ごほうびをあげて
投薬が嫌なことにならないようにできるとさらに良いですね☆

d0165410_15551328.jpg
また、チーズやパンや缶詰など、何かでくるんでお薬をごまかす方法もあります。
病院では、お薬をくるんで与えるためのトリーツもあります。
錠剤の飲ませ方はこんな感じです☆
次の機会では、粉薬の与え方についても書いていきます。

ねこ先生016.gif

[PR]
by etoah | 2016-11-04 21:00 | 診療日誌
<< お薬を飲ませること 粉薬編 フィラリア予防について >>



えとう動物病院のスタッフによる気まぐれ日記
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
home
最新のトラックバック
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ライフログ
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧